横浜綺譚写真帖

横浜在住の薔薇と葡萄酒とペンタックスとジャズとプジョーと読書を愛する男のカメラ奮闘記

雨の日の日曜日はピント合わせと構図の練習をしてみる!

gf06b

 今日は上のようなアイリッシュウィスキーのボトルでピント合わせと構図の練習をしてみました。レンズはPentaxの神レンズと言われているsmc PENTAX-FA 77mm F1.8 AL Limitedでf値はf1.8です。

ピントは常にLAPHROAIGのラベルに合せています。

まずは構図をあんまり考えないで正面から撮ってみます。

gf06a

はい、これじゃつまらない構図ですよね。

で、少し横にずらしたり上から撮ったりしてみましょう。

実は、今回のネタは師匠からの宿題みたいなもんなので、師匠のブログ画像を参考にさせて頂いてます。

masterkurono.blogspot.jp

gf06d

gf06c

なんかイマイチ決まりません。部屋の蛍光灯がボトルに反射したりするのが気になってしょうがないのですが、どうにもなりません。被写界深度はこんなもんなんでしょうかね? そうそう今回はいつも使用しているWindowsPCが不機嫌なのでMacBookAirで作業をしているのですが、残念ながらこちらのPCではRAW現像ができません。仕方なくJPEG撮って出しでアップロードしたのですが、WBなど変更してないのに若干仕上がりが違います。

ちょっと上からも撮ってみましょう。

gf06e

う〜ん、FA Limitedを使ってる割には鮮明さに欠ける画像です。ピントがズレてきてるのかな〜?

gf06g

上と下の違いは右横サイドの空間を多少空けるかどうかの違いですが、構図的には空けなくても良いのかもしれませんね。

 

gf06f

今日の結果は、まだ何かが変、、、ってところです。

 で、最終的な自分としての完成品は次の2枚なのですが、どうもこのモニターでは違いがよくわかりません。皆さんのモニターではどんな風に写っているんでしょう。

gf06i

gf06h

 まだまだ試行錯誤の修行の道は続きます。笑

 

[http://:title]