ボッーと撮ってんじゃね〜よ!Pentax K-1カメラ初心者奮闘記

還暦オヤジがPentax K-1を買ってしまった。そこから始まる苦闘の日々を綴るブログです。

裏磐梯五色沼湖沼群に行ってきたよ!

2019Oct01#001

以前購入した大三元レンズの一つ、超広角のDFA 15-30mm F2.8EDにはフィルターが付かなかったのですが、ある情報によりTamron 15-30mm用のNisi S5っていう製品が付けられるよとの事でしたので早速入手しました。流石に出目金のような目玉レンズに付けるフィルターなのでこんなにでかいです。

yamasha.net

f:id:bignick:20191006174729j:plain

 

 で、試し撮りにどこに行こうかと思案した結果、フィルターの効果が一番出そうな裏磐梯五色沼がいいんじゃね? って事で行ってきました。裏磐梯五色沼は130年前の磐梯山の噴火爆発によってできた地球の歴史的に言えば出来立てのホヤホヤの湖沼群ですね。湖沼の周りの森もアカマツの植林等で人間の手によって出来た人工の景観ですし、湖沼群を巡る五色沼自然探勝路も観光客向けに整備されているので僕が長年住んでいた港北ニュータウンの緑道と同じような雰囲気です。ですので、美しい沼さえなければ、なんで交通費2万円近くに宿泊代6000円と片道4時間弱の時間を使ってまでここに来るのかわかりません。

まぁ、いつものごとく口説い前置きはこれぐらいにしてどんな写真が撮れたのでしょうか?

最初に毘沙門池です。上のトップの画像は、帰宅時間ギリギリまで粘って撮ったマジックアワーの画像です。RAW現像でもっと明るくする事も出来たのですが、実際の夕焼けの時間はこんな感じだったので敢えて暗めの現像にしてみました。下の画像はマジックアワー直前の晴れ渡った青空です。

2019Oct01#004

2019Oct01#003

2019Oct01#002

せっかくフィルターを付けているのですが、池の美しい色がうまく出ません。っていうかフィルターの効果って出てるんだろうか? 5万円のフィルターだぜ! 笑

2019Oct01#007

 

2019Oct01#006

2019Oct01#005

2019Oct01#011

毘沙門池には誰が入れたのか鯉も泳いでいます。酸性の強い水質と思われますが、こんな火山性微粒子の多い水質でも鯉は生きていけるのですね。

2019Oct01#010

2019Oct01#014 弁天沼はもっとコバルトブルーがハッキリと出ている沼だと期待していたのですが、思った以上に大した事なかったです。季節によって色が違うのでしょうか?

2019Oct01#009

途中でつまらなくなってきたので、緑道の周りの高山植物?を撮り初めてしまいました。

2019Oct01#008

これはアザミっぽいですが、何という名前なんでしょうね?

2019Oct01#019

そして、五色沼湖沼群の中で一番美しい景観の瑠璃沼。この画像はもう少し時間をかけてPhotoshopでレタッチしたいと思っています。まぁ、ネットに掲載する画像はJPEGで圧縮されちゃいますのでこんなもんでいいか、と。笑

2019Oct01#016

青沼はコバルトブルーがよく出ている沼ですね。ただ、全体像が見える場所がないので写真としてかっこ良く撮るのはなかなか難しいです。

2019Oct01#015

最後は柳沼の横にある小柳ルメ子沼、、、いや冗談です。多分名前もない沼なので僕が命名しました。笑

2019Oct01#013

って事で、今回は、Nisi S5のフィルターの試し撮りに行ったのですが、初日は大雨でほとんどの画像が失敗作で2日目の晴天の日だけの画像です。ただ、自分的にはほとんど満足のいかない画像ばかりだったので、帰宅してから結構凹んでしまいました。随分コストと時間をかけて行った割には満足な写真が撮れなかったなぁ、と。まぁ、季節的にも中途半端で一体何を見せたいのかテーマのわからない写真になってしまいました。

いつの日になるかわからないですが、もう一度挑戦したいところです。

 

PENTAX 超広角ズームレンズ HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR 21280

PENTAX 超広角ズームレンズ HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR 21280

 

 

 

 

台風一過のマジックアワーは絶好のシャッターチャンス!

写真家ならば台風一過のマジックアワーの空は絶好のシャッターチャンスってのは常識だと思う。もう大抵の人は午後辺りからうずうずするんじゃないだろうか。羽田空港に行こうかゲートブリッジに行こうか、と。笑 でも、テレビからの情報では都内の幹線道路はどこも劇混みらしい。なのでそんなに暇でない僕は自宅のベランダからマジックアワーを待つ事にした。以前に何度もアップしている構図だけど、自分のRAW現像がどのぐらい進歩しているかを計る為にもちょうどいいんじゃないだろうか。

って事で、こんな感じ。

Sept09#001r

RAW現像初心者レベルだと、夕焼けなんかめっちゃ真っ赤にしちゃってなんだこりゃ、ってな写真になりがちですが、僕はどうやらそのレベルからは卒業できたらしい。笑 本当に作品にするんであれば、tiffに落としてPhotoshopで時間をかけてレタッチなんてプロセスになるんだろうけど、今回は取り敢えず簡易RAW現像です。

Sept09#002r

レンズは大三元DFA 15-30mmf2.8を使ってますが、このレンズはフィルターが使えないのが難点のど飴でした。しかし、いろいろ調べてみると、どうやら使えるキットがあるらしいので来月の撮影旅行を目指して購入しようかなぁ、と考えたりしています。まぁ、結構高い製品なのでそこまで必要かなぁと現在熟慮中ですが、、、。

S5 PRO CPLキット Tamron 15-30mm f/2.8

S5 PRO CPLキット Tamron 15-30mm f/2.8

 

 キット自体はタムロン用なんですが、ペンタのこのレンズはタムロンOEMですもんね。なので使える筈です。って事で来月の消費税アップの前に購入できるかどうか、乞うご期待! ってところです。笑

 

では、来月まで、乞うご期待!

 

 

 

 

 

北八ヶ岳白駒池周辺を45年ぶりに散策してきた

またまた久しぶりの投稿です。

松原湖の近くに従兄弟の別荘があるのでかねてから訪れようと思っていたのですが、今回写真撮影を目的に利用させて頂く事にしました。とは言っても前日ぐらいまでは超忙しく旅の準備もないまま出掛ける羽目に。一応高ボッチ高原とかまで足を延ばせれば星空撮影もできるかなぁぐらいののんびりした気持ちで出掛けてしまったのです。

朝3時起きで出発は4時過ぎになってしまいましたが、山小屋に着いたのは7時過ぎ。この山小屋の住人になっている従兄弟のぼんぼんが眠そうな顔で迎えてくれました。とは言っても彼は今日仕事なので僕の相手はしてくれません。さ〜てどこに行くかなぁといろいろ相談してこの辺の地図を見せて貰うと何と北八ヶ岳が近いじゃないっすか。僕は中学高校生の頃イッパシの登山家でロッククライミングもする程でちょうど高校2年の10月1日の都民の日(都立高校はお休み)を利用して北八ヶ岳縦走を敢行したのでした。そしてこの白駒池から登って黒百合ヒュッテまではとても美しかったと言う記憶が今でも残っています。特に黒百合ヒュッテに泊まった夜の天の川の美しさはこの62年間生きてきた中でも最も美しい星空として記憶に残っています。ならば白駒池から黒百合ヒュッテまで散歩してこようと軽い気持ちで行ってしまったのですが、、。

July30#017

最近は苔の森と言われるこの辺はとにかく緑が美しいです。セイタカスギゴケですね。

July30#018

セイタカスギゴケをアップしてみましょう。光と緑が絡み合ってとてもフォトジェニックな絵がたくさん撮れます。

July30#001

最近は、登山道もちゃんと整備されてこんなボードが敷かれてチョロいチョロいと最初は思っていたんですが、、。

July30#002老人達もたくさん歩いています。今の老人、みんな元気です。お金いっぱい持ってるんでしょうね〜。笑

July30#003

高校生の頃は、池なんて甘っちょろいモンは見てられるかと素通りしていたのですが、こんなに美しい湖なのですね、白駒池。

July30#004相変わらずボケっと撮ってるのか、フレームとか全然考えてませんね。July30#005この辺はRAW現像の仕上げ次第でどうにでもなりますが、上はまだまだ甘いです。

July30#006

こういう湖の構図は樹木でフレームを作るもんだってわかってるんですが、なかなか良いポジションが見つかりません。

July30#007う〜ん、RAW現像がまだまだ甘いかなぁ〜?

July30#008

PLフィルターを車には積んできたのですが、アホな事に持って来るのを忘れました。それに森を散策するんであれば、マクロレンズは必須の筈なのに今回の旅行には持ってきませんでした。

July30#010

あ〜、PLフィルターがあったらどんな湖面に写っていた事でしょう。上は一応自分的には今日イチの画像なんですが、もっと被写界深度を深くして向こうの森を最大限にアップしてもピントがピタリと合ってる画像にしたいです。次回は三脚も持って来ようっと。しかし、ISO1600って理解不能! 笑  なんでこうなったんだろう?

July30#009

 それにしてもPentax大三元レンズは美しく撮れますなぁ。あとは自分の腕次第なんだよなぁ。

July30#011

ようやくの事で高見石まで着いたのですが、思いの外険しい道のりでした。高校生の頃は何でもなかったのですが、この歳になると心臓バクバク血圧も150以上達していたような気がします。でも高見石小屋には小学生達もいっぱいいます。ですが僕はまだ先の黒百合ヒュッテを目指しています。まだまだ頑張らなければと、森の奥へと入って行きました。

blog.hisway306.jp

自宅に帰ってから、そういえば酔人日月抄さんのブログに白駒池の事が書いてあったなぁと思い出して読んでみたら、なんと高見石には展望台があるとの事。しかもそこがこのコースの絶景ポイントじゃないっすか。あとの祭り、、、。笑

July30#012

登山道は更に厳しく大きな岩がゴロゴロでそれを乗り越えて行かなければいけません。階段で言うと3段飛びを永遠に登って行く感じ。

July30#013

1時間ぐらい登ったあと、通り過ぎる登山者に中山まであとどのぐらいですか?と聞くと「展望台から下ってきたんだけど、俺たちで55分だよ」とのお答え。ってことは登りなら1時間半ぐらいで着くかなぁとタカをくくって再び登り始めたのですが、いくら登ってもどんどん険しくなるばかり。高校生の頃はこんな道を30kgぐらい背負って平気に歩いてたんだなぁと、それから45年後の今はこんなになっちゃうのかと、なんか写真撮影の軽い散策のつもりが下り坂の人生を認識する精神的にも厳しい散策となりました。

July30#014

疲れて見上げる空。それでも諦めずに登り始める、俺の人生、まだ終わっちゃいないぞ〜、と。。

July30#015

見上げる空。。。。。。。July30#016見上げる空。。。。。。。。

 で、行き交う登山者から、「今日はお泊まりですか?」と声を掛けられハッと気付きました。これ黒百合ヒュッテまで行ったら帰って来れね〜じゃん。笑

で、下山を始めるといろいろ思い出しました。登山って登りよりも下山の方が危ないと。そして案の定、途中で膝から腰にかけて鋭い痛みが走りました。やべぇ〜、歩けない。

その後、やっとの思いで白駒池の駐車場まで辿り着いたのですが、脚の痛みは半端じゃありません。

ってな事で、本来は二、三泊して帰るつもりだったんですが、急遽帰宅。明日お医者さんに行く事にしました。いや〜、本当にジジイになったもんです。

秋になったら再訪して高見石の展望台から天の川を狙って星空撮影したいと思います。

乞うご期待!!!

HD PENTAX-D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AWが我が家にやってきた。笑

先日の羽田空港の撮影で結構ストレスを感じたので清水の舞台からダイブするつもりで買ってしまいました。

HD PENTAX-D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW

 

f:id:bignick:20190624193140j:plain

HD PENTAX-D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW

デカ過ぎてレンズにピントが合いません。笑

これで次回の羽田空港撮影ではダイナミックな写真が撮れると思います。

乞うご期待!!!

「その先に見えるもの〜沼野秀章作品展」に行ってきた!

www.g-hiro.com

毎日の激務でイマイチ体調が優れない今日この頃。ギャラリー寛さんからのご案内で沼野秀章さんの作品展があり今日のみ沼野さんご本人が在廊されているという事は楽しみにしていたのですが、何しろこの体調。以前から体調が悪いと精神的にも酷く過敏になりドラスティックに気分が変化するので出掛けるのはどうしようかと思い悩んでいたのです。まぁ、でも沼野さんご本人にお会いできるチャンスはそうそう無いので、重い腰を上げブルーの新しいNew Balanceを履いて出掛ける事にしました。我が家からたまプラーザの寛さんのお店までは凡そ6,000歩。重い腰でもNew Balanceを履くと飛ぶように歩けますね。なんちゃって。笑 飛んじゃったところで前回の沼野さんについてブログのリンクも張っておきましょう。

bignick.hatenablog.com

お店に入ると沼野さんがいらっしゃって早速ご挨拶。初めは名前を名乗らずに挨拶したのですが、僕が誰だかわからないようなのですぐに名前を名乗ると何者か気づいてくれました。とは言え、お店には他にも沢山お客さんがいらっしゃるので、すぐに他のお客さんへのご接客。

前日にコラボ企画として「器とチーズのおもてなし」があり、チーズをデコレートした際にマッチする作品が中央に展示されていました。

bnjune232019_#004

bnjune232019_#010

bnjune232019_#009

直径が30cmぐらいありそうな大きなお皿で重みも十分。裏にすると重厚なブラックの表面でまさしくチーズに合わせるのにぴったりの作品。一瞬我が家でも使ってみようかと思いましたが、値段にびっくり。写真だけ撮らせて頂く事でご勘弁願いました。笑

bnjune232019_#003

bnjune232019_#007

上のお皿もチーズを乗せるにはぴったりですね。まぁ、普段使いとしては、パスタに合わせるのが丁度良いかと。但し、我が家にはこの種のお皿は売る程あり一昨年の引越しの際に友達にかなりの数を譲ってきたばかり。ここでまた買ったら何の為に断捨離をしているのかわからなくなります。

bnjune232019_#001

bnjune232019_#008

 

bnjune232019_#011

秀吉が生きていたら千利休に買いに走らせたであろう金さん銀さんシリーズも今回沢山出品されていますが、僕はこの手の作品が苦手です。(また余計な事書くと怒られるかな?)

bnjune232019_#002

そして僕が今回買ってきた作品はこちら。

bnjune232019_#005

お一人様茶の湯セット。笑  この器の良さは、下の部分が丸みを帯びていて両手で包むように持つと丁度ピッタリのサイズなのですね。bnjune232019_#006

そして僕が何故か沢山集めている片口。お一人様用にピッタリのサイズです。以前は備前焼の星正幸さんの作品が好きで結構集めていたのですが、最近は飽きてしまったのか実用に適さないのかあんまり出番がなくなりました。やはり器は普段の生活の中で使ってなんぼのモンでしょう。なので使わなくなった器はどんどん断捨離すべきというのが僕の持論です。まぁ、どうでもいい事なんですが、、、。

冒頭でも書いたように、体調が悪くお客さんも多い中での撮影でしたので今回は全く集中できませんでした。写真もイマイチなものばかりでしたね。申し訳ないです。

という訳で、今回は沼野さんとあまり会話する事もできずにさっさと引き上げました。やはり僕は人の多い中ではなかなか生きていけない人間なんだなぁと改めて思った次第でちょっと凹んだ撮影でもありましたね。残念でした。

尚、作品展は、僕の気分に関係なく大盛況です。観る価値のある作品展ですので、お近くの方は是非。きっと気に入った器に出会えると思います。

www.g-hiro.com

 

 

羽田空港に動体撮影の練習に行ってきたよ!

40数年前、初めての海外旅行は成田空港からでしたが、昔は今ほど交通の便は良くなく当時町田の実家に住んでいた僕は学生の分際で町田ー成田間をタクシーを使って移動していた事が思い出されます。しかもヨーロッパを60日以上もかけた旅行を2度もしていたのですね。それも2度目はバイトでタダで旅行をしていたという贅沢者でした。

サラリーマンになってからも成田、羽田からの出張は、割と頻繁にありましたが、展望デッキに出て飛行機を眺めるなんて言う趣味はありませんでした。笑

そういう自分が今となってはタクシー運転手になって毎日のように羽田空港にお客さんを送り届けているという人生の皮肉。人生とは面白いもんですが、そんな色々な人の人生が行き交っているのが空港なのでしょう。

閑話休題。笑

梅雨の中休みと思われるような昨日の午後、どこに撮影に行こうかと思い迷っていて最後に決断したのが、羽田空港でした。自宅のあざみ野からは羽田空港までのアクセスは、別に考える程でもないのでいつものごとく適当なルートをとって出掛けたのですが、途中で新しい高速が繋がっていたのに気づきました。と思ったら後の祭り(最近このフレーズが多いなぁ)、車はベイブリッジへと向かっていました。笑 

第1ターミナルに到着して出張の時にいつも停めていた駐車場に車を停め、早速初めての展望デッキに出てみました。

初めての動体撮影でしたので、シャッタースピード優先モードとやらでSSを設定する手順は事前準備通り。笑

bnjune172019_#005

bnjune172019_#004

bnjune172019_#003

bnjune172019_#002

このシンガポール航空A350-900は最近有名ですね。笑 

bnjune172019_#008

第1ターミナルの展望デッキからは、東京湾から千葉までが見渡せますね。

それにしても、僕の持っているレンズは最高で200mm。なんか撮っていてもイマイチ面白くありません。僕の思っていたイメージはやはり450mmぐらいないとダメなのでしょう。

bnjune172019_#013

bnjune172019_#011

bnjune172019_#012

自宅に戻ってRAW現像の際にクロップしてイメージに近い画像にしているのですが、なんか違います。

bnjune172019_#010

夕方になって西の空がマジックアワーになってきましたが、流石に「なつぞら」。笑 富士山のシルエットは拝めませんでした。次回は、やはり冬に来たいもんです。その時は450mmを持って。笑

 

bnjune172019_#009

bnjune172019_#007

そして空はどんどんロマンチックになっていきます。

bnjune172019_#016

ゲートブリッジも辛うじて観れます。

bnjune172019_#015

bnjune172019_#014

こんなロマンチックなマジックアワーの中、知らない女性から、それも2人からも声を掛けられました。

「どんな写真を撮ってるんですかぁ〜?」いきなりカメラのLCDを覗き込まれ、

「わ〜、凄い! 素敵な写真ですねぇ〜。」

他にたわいもない質問をいろいろされちょっと写真を撮る集中力なくなってしまったので場所を変えてしまいました。笑

bnjune172019_#019

品川埠頭のガントリークレーンの光景ももうちょっと拡大すればよかったかな?

bnjune172019_#018

せっかく大三元の一角の超広角も持ってきたので一枚ぐらい撮っておきましょう。

bnjune172019_#017

それにしてもマジックアワーの羽田はこれを観に来るだけでも価値があるかもです。

bnjune172019_#022

すっかり夜の帳が落ちると、まるで宇宙基地のような凄みを感じます。

bnjune172019_#021

彼を見送っているのか女性の後ろ姿には哀愁が、感じ、、、、られませんね。笑

今夜はストロベリームーンとか言う満月の夜で月が美しく、満月に向かって飛び立つ飛行機を狙ったのですが、全て失敗でした。一番物にしたかった画像なのに一枚も成功しなかった事に後悔しきりです。

bnjune172019_#020

こんな多重撮影で遊んでみましたが、そもそも月の撮影がちゃんとできていませんね。

イメージはちゃんとできているのに技術が未だについてきません。まぁ、初めての空港撮影+動体撮影+逆光+夜景+月の撮影と課題の多い撮影でしたが、まだまだ全然ダメでした。

ボッーと撮ってる訳じゃないんだけど、写真はなかなか難しいです。とほほのホでした。

伊豆高原に行ってきたよ! second day 富戸から城ヶ崎海岸までの海を撮る

前日に春日先生のところで伊豆高原近辺の撮影スポットをお聞きしたので、2日目は海岸縁を歩くことにしました。但し、先生にせっかく地図上にマーキングして頂いたのに僕はその地図を忘れてきてしまいました。いつものごとくボケっとして生きています。

なので記憶を辿ってこの辺だろうなぁとポイントを探しながらの旅です。笑 

最初に訪れたのは富戸港付近。長閑で美しい港ですが、ダイビングをされている屈強な男達からは威嚇の目で睨まれます。笑

bnmay162019_#029

ND400のフィルターも持って来たのでスローシャッターにして波を雲のようにして撮ろうというイメージでしたが、三脚を立てる勇気がなく諦めました。笑

bnmay162019_#027

こんな船をチャーターして沖合に出てみたいものですが、幸い、僕には釣りの趣味はありません。笑bnmay162019_#026

無断駐車している車が気になったので早々と引き上げ城ヶ崎海岸へと向かいました。そう言えば、伊豆高原には何十回と来ているのに城ヶ崎海岸に出るのは初めてです。

IMGP2019May17$006

空の青を際立たせ、海の反射を遮ろうという魂胆でPLフィルターも装着していますが、相変わらずの日の丸構図。笑IMGP2019May17$007

望遠も使って見知らぬ観光客を対象に圧縮効果を狙ってみました。お姉ちゃん、危ないよ〜!

IMGP2019May17$009

サスペンスドラマに出てきそうな断崖絶壁の上から海を撮るとこんな感じです。思わずダイブしたくなります。笑

IMGP2019May17$008

それにしても海が綺麗です。こんなに良い場所ならもっと昔に行っておくべきでした。

IMGP2019May17$011

イルカが跳ねれば、さながら「グラン・ブルー」の一コマのような光景です。

IMGP2019May17$010

僕の天敵の鳩。笑

IMGP2019May17$005

 

IMGP2019May17$004

こちらはヒッチコック監督の「鳥」ですかね?

IMGP2019May17$002

 とにかく天気には恵まれて空も海も真っ青でしたが、順光、逆光、側光と本来なら露出をもっと気にしながら撮らなくてはと思ったのですが、毎度の事ですが、後の祭りです。それでも、空で測光しておけば、後のRAW現像の時に「シャドー」や「黒レベル」を調整すればなんとかなりますね。

さて、今回は春日先生に提出する課題でもあったのでどの画像にしようかなぁと迷ったのですが、次の一枚としました。一応、構図の三分割法とかも意識してます。笑

IMGP2019May17$001

う〜ん、でも、ちょっとイマイチかなぁ? まぁ、僕の今のレベルを計るという意味ではこんなところにしておきましょうかね。