ボッーと撮ってんじゃね〜よ!Pentax K-1カメラ初心者奮闘記

還暦オヤジがPentax K-1を買ってしまった。そこから始まる苦闘の日々を綴るブログです。

Mapplethorpe floraに刺激されて花写真を追求してみた!

202002211flowers-2-1-2

 Mapplethorpeのfloraの写真集がいいよ!って事だったのでちょっと高かったんですが、買ってしまいました。写真集って中身を見ないでamazonで買うと結構失敗するケースが多いんですが、この写真集に関しては大満足でした。

Mapplethorpe Flora: The Complete Flowers

Mapplethorpe Flora: The Complete Flowers

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: Phaidon Press
  • 発売日: 2016/03/14
  • メディア: ハードカバー
 

 って事で、メープルソープ氏のような写真に挑戦してみよう試みたんですが、やはり照明やストロボも無い現状ではちょっと無理なようでした。

202002211flowers-2-1-4b&w

202002211flowers-2-1-4

202002211flowers-2-1-3

モノクロにしてみたり、レンズをマクロにしてみたりしてみたんですが、メープルソープ氏のようにマクロ(多分)で撮っていながら被写界深度が深い写真ってなかなか難しいです。フォーカスが5mmズレただけでボケてしまいます。それにカラーのような白い花、真っ赤な薔薇とか色飽和しないように撮るのが意外と難しかったりします。

202002211flowers-2-1

それでもトップに載せた一輪の赤い薔薇は、プリントにしてみるとかなり良い出来になりました。そう言えば、先生から「この写真で何を表したいんですか? 言葉で表現出来ないとダメですよ」と。う〜ん、「美しい薔薇!」としか表現出来ないなぁ〜。笑

一応「クリップオンストロボ 本格ライティング」って本も買ったのでもう少し光のわまり具合について勉強してみたいと思います。あとやはりPhotoshopでのレタッチももっと覚えていろいろな表現ができるようにしたいものです。

 

 

 

浅草・浅草寺に行って来たよ!

明けましておめでとうございます! テヘヘ、、、。

なにやらボッーと過ごしているせいか最近は時間が経つのがやたらと早いです。除夜の鐘が鳴ってみなさんにご挨拶しようと思ったらもう2020年1月19日なのですね。

って事で、そろそろ初詣とやらにでも行ってみるかと思って浅草・浅草寺に赴きました。人生の大半を町田・横浜・川崎方面で暮らしてきたせいか浅草には殆ど縁がなく多分僕の短い人生63年間のうち1,2回ぐらいしか行ってないんじゃないだろうかと思います。なので殆ど知識はないのですが、何やら最近は外国人の方々の人気が凄いらしいのでどんな写真が撮れるのか些か楽しみな撮影です。

20200119-_BNF7885

まずは、雷門のでっかい提灯から。

実は今回の撮影はテーマがありまして先日購入した「HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW」と言うレンズの性能テストみたいなつもりの撮影です。そしてしばらくは50mmの単焦点レンズだけを使って構図を意識して撮影する、と言うテーマにしています。

実は、この50mm単焦点レンズを使え!というのは、相原正明さんの著書「誰も伝えなかったランドスケープ・フォトの極意kindle版」を読んで往復ピンタを張られたような感触を経ての結果です。笑 お前、ボッ〜と写真撮ってねぇ〜で気持ちを入れ替えてちゃんと撮れよ、みたいな。笑  なかなかの良書ですのでKindleをお持ちの方はお読みになる事をお勧めします。それなりに参考になると思います。 

誰も伝えなかった ランドスケープ・フォトの極意

誰も伝えなかった ランドスケープ・フォトの極意

 

 閑話休題。笑

20200119-_BNF7894

20200119-_BNF7893

上の2枚の写真は、見比べて見ればわかる通り被写界深度が全然違います。いや〜もう2枚目の写真は凄いボケまくりです。僕のボケ度とは雲泥の差ですよね。流石に開放でf1.4ってのはミリ単位で調整していかないと狙った画像にはならないです。

20200119-_BNF7942(注:無断撮影はご遠慮ください!)

20200119-_BNF7941

20200119-_BNF7940

20200119-_BNF7937

かんざし専門店なのですが、かんざしって美しいですね。

20200119-_BNF7935

20200119-_BNF7932

20200119-_BNF7926

20200119-_BNF7924

20200119-_BNF7905

20200119-_BNF7886

しかもこの3D写真のような立体感のある鮮明な画像ったらたまらないです。このレンズ、多分Pentaxのレンズの中では最高峰。横綱レンズと命名しましょう。笑 

20200119-_BNF8049-R1

上のお二人は江戸時代からワープして来たようです。笑 (江戸の時代の女が茶髪かよ! 笑)

20200119-_BNF8038

20200119-_BNF8020う〜ん、かわゆい、、、。笑20200119-_BNF8018

20200119-_BNF7928

しかも着物の女性が半端なく綺麗に撮れますね。何ですか、この日本の女性の美しさは! 笑 いやいや本当に美人の女性は更に美しく、美人でない女性もそれなりに綺麗な着物を引き立てくれますよね。ポートレート撮影には最適なレンズじゃないでしょうか? ねぇ、樹木希林さん!

(注:日本の女性の美しさは!と表現しましたが、日本人じゃないんじゃないですか?とご指摘を受けました。最近はレンタル着物を着ているアジア系の女性が多いのかもしれません。)

20200119-_BNF7975

20200119浅草-1-3

20200119-_BNF7970

20200119-_BNF7962

20200119-_BNF7955

50mmの単焦点レンズ。当然の事ながらズームは自分の足です。3本目の足はズームしますが、二本の足で混雑の中ではなかなか難しく屋根の両端が切れてしまいました。こういうところは反省点の一つですね。

20200119-_BNF7948

20200119-_BNF8006

20200119-_BNF7945

20200119-_BNF7944

20200119-_BNF7943

今回は、久しぶりに写真を撮ってて楽しくなってきたのでシャッター数がいつもに比べて断然多いです。いや本当に楽しくしょうがないって感じです。

20200119-_BNF8035

上の画像はタワシ、僕はワタシ。笑 (オヤジギャグも思わず出てしまいます。)

20200119-_BNF8024

いやいや、ナショジオの日本特集とかやったら僕の画像を使ってくれるんじゃないだろうか、と言うぐらい大きな勘違いをしてしまいます。笑

20200119-_BNF8010

20200119-_BNF8008

20200119-_BNF8008-2

少し現像で遊び過ぎちゃってますね。時間があればPhotoshopを使って色抽出みたいな事もやってみたいのですが、ちょっと時間が有馬温泉。笑

20200119-_BNF8030

フクロウさんがいたので写真を撮ろうとしたら撮影禁止ですと怒られました。募金をしたら撮っていいですか?と確認したら、撮っていいですと。なるほど、いろいろな商法があるものです。でも、フクロウの毛並みの美しさがどんな写り込みをするのかちょっと楽しみだったので10円募金して撮らせて頂きました。下の画像は、頭部をアップした画像です。

20200119浅草-1

さて、最後に夜景です。昨年末に発症した腰痛が未だに完治していないので機材はなるべく軽くしようと三脚は持っていきませんでした。なので久しぶりの手持ちによる夜景撮影です。

20200119-_BNF8090

20200119-_BNF8084

20200119-_BNF8051

RAW現像で誤魔化したとはいえ、やはり手持ちの夜景は難しいです。次回体調の良い時は、ちゃんと三脚を用意して完璧な撮影に臨みたいです。

って事で、今年ものんびりとやっていきますが、よろしくお願いいたします。

 

 

国営昭和記念公園に紅葉を撮りに行って来た!

20191201-_BNF7804

国営昭和記念公園には4月にチューリップを撮りに行って以来、超お気に入りの場所になったのですが、「秋の夜散歩」という触れ込みで紅葉のライトアップがされるという情報がFacebookにアップされていたので思わず誘い込まれて行って来てしまいました。ただ、今回は撮影は主たる目標ではなかったのであまり集中して撮影してきた訳ではありません。他の観光客の皆さんと同じレベルで散歩しながらカメラ手持ちでの撮影でしたので写真の出来としてはあまり良いものではありません。Lightroomで簡単なRAW現像はしましたが、雑な撮影をカバーするのにはちょっと限界がありますね。

20191201-_BNF7726

入り口付近の銀杏の木はまだ綺麗に葉っぱが付いていましたが、カナールの銀杏並木はすでに見頃を超えており禿山の一夜という有様でした。まぁ、時はすでに12月ですから当然と言えば当然ですね。

20191201-_BNF7727

逆光で酷い現像だな。笑 まぁ、チコちゃんに怒られる事前提でアップしておきましょう。

20191201-_BNF7731

恒例の地撮りにも挑戦してみましたが、何しろ撮影が主たる目的ではないのでさっさと撮影を済まさないといけません。なので被写界深度などを考えながら露出設定する訳にもいかなかったのであんまり良い出来ではないですね〜。

20191201-_BNF7736

段々と陽が落ちて来ました。本来ならフィルター等を付けたりして色々考えながらの逆光撮影ですが、もうそのまんま逆光撮影です。笑 RAW現像で辛うじてアップできるレベルにしましたが、酷い写真です。笑


それにしても紅葉が綺麗です。

20191201-_BNF7739

マジックアワーの空に反射された紅葉が深くて美しい紅に輝いています。これぞ日本の秋です。

20191201-_BNF7749

20191201-_BNF7752

20191201-_BNF7741

20191201-_BNF7744

どんどん夜の帳が降りてマジックアワーの空が複雑な色に輝いています。

20191201-_BNF7770

そして今日のメインである「夜の秋散歩」のコースへ。と思ったら、そこは別料金。笑

ナイトチケットはaddtionalに160円なんだそうです。

う〜ん、なんか六本木の外人クラブに似ている。笑 メインのダンスは別料金よ! みたいな。笑

20191201-_BNF7779

しかし、凄い人! 明治神宮の初詣でかよ、と思いましたが、それでも写真は撮らねばいけません。「かたらいのイチョウ並木」というらしいですが、語らう余裕はありません。

20191201-_BNF7784

ライトアップされた紅葉はやはり美しいです。

そして更に歩き「日本庭園」へ行くととても美しい光景が現れました。

20191201-_BNF7793

ここも凄い人なのでせっかく重い思いで持って来たマンフロントの三脚を引っ張り出す訳にもいきません。手持ち撮影でなんとか撮れ!という修行に近い命令です。

20191201-_BNF7797

うっ〜、もっと鮮明な画像にしたかったなぁ〜。でも、こんな暗さで手持ちでここまで撮れるってやっぱりPentax K-1です。

20191201-_BNF7803

さて、立川駅から歩いてぐるっとコースを回って最後の西立川駅まで歩いた距離は約11km、15,000歩。僕はカメラK-1大三元レンズ3本、三脚も含めて約10kgの重さを背負っての散歩だったので、夜の立川の街に辿り着いた時にはなんとギックリ腰に近い症状が出てまともに歩く事が出来なくなりました。やはり63歳の肉体です。若い身体のつもりで行動すると代償がデカイです。笑

って事で、今回の撮影の出来映え点は、30点ぐらいでしょうか。来年は、紅葉の最盛期を選んで集中して撮れるように準備したいと思います。

 

 

 

裏磐梯五色沼湖沼群に行ってきたよ!

2019Oct01#001

以前購入した大三元レンズの一つ、超広角のDFA 15-30mm F2.8EDにはフィルターが付かなかったのですが、ある情報によりTamron 15-30mm用のNisi S5っていう製品が付けられるよとの事でしたので早速入手しました。流石に出目金のような目玉レンズに付けるフィルターなのでこんなにでかいです。

yamasha.net

f:id:bignick:20191006174729j:plain

 

 で、試し撮りにどこに行こうかと思案した結果、フィルターの効果が一番出そうな裏磐梯五色沼がいいんじゃね? って事で行ってきました。裏磐梯五色沼は130年前の磐梯山の噴火爆発によってできた地球の歴史的に言えば出来立てのホヤホヤの湖沼群ですね。湖沼の周りの森もアカマツの植林等で人間の手によって出来た人工の景観ですし、湖沼群を巡る五色沼自然探勝路も観光客向けに整備されているので僕が長年住んでいた港北ニュータウンの緑道と同じような雰囲気です。ですので、美しい沼さえなければ、なんで交通費2万円近くに宿泊代6000円と片道4時間弱の時間を使ってまでここに来るのかわかりません。

まぁ、いつものごとく口説い前置きはこれぐらいにしてどんな写真が撮れたのでしょうか?

最初に毘沙門池です。上のトップの画像は、帰宅時間ギリギリまで粘って撮ったマジックアワーの画像です。RAW現像でもっと明るくする事も出来たのですが、実際の夕焼けの時間はこんな感じだったので敢えて暗めの現像にしてみました。下の画像はマジックアワー直前の晴れ渡った青空です。

2019Oct01#004

2019Oct01#003

2019Oct01#002

せっかくフィルターを付けているのですが、池の美しい色がうまく出ません。っていうかフィルターの効果って出てるんだろうか? 5万円のフィルターだぜ! 笑

2019Oct01#007

 

2019Oct01#006

2019Oct01#005

2019Oct01#011

毘沙門池には誰が入れたのか鯉も泳いでいます。酸性の強い水質と思われますが、こんな火山性微粒子の多い水質でも鯉は生きていけるのですね。

2019Oct01#010

2019Oct01#014 弁天沼はもっとコバルトブルーがハッキリと出ている沼だと期待していたのですが、思った以上に大した事なかったです。季節によって色が違うのでしょうか?

2019Oct01#009

途中でつまらなくなってきたので、緑道の周りの高山植物?を撮り初めてしまいました。

2019Oct01#008

これはアザミっぽいですが、何という名前なんでしょうね?

2019Oct01#019

そして、五色沼湖沼群の中で一番美しい景観の瑠璃沼。この画像はもう少し時間をかけてPhotoshopでレタッチしたいと思っています。まぁ、ネットに掲載する画像はJPEGで圧縮されちゃいますのでこんなもんでいいか、と。笑

2019Oct01#016

青沼はコバルトブルーがよく出ている沼ですね。ただ、全体像が見える場所がないので写真としてかっこ良く撮るのはなかなか難しいです。

2019Oct01#015

最後は柳沼の横にある小柳ルメ子沼、、、いや冗談です。多分名前もない沼なので僕が命名しました。笑

2019Oct01#013

って事で、今回は、Nisi S5のフィルターの試し撮りに行ったのですが、初日は大雨でほとんどの画像が失敗作で2日目の晴天の日だけの画像です。ただ、自分的にはほとんど満足のいかない画像ばかりだったので、帰宅してから結構凹んでしまいました。随分コストと時間をかけて行った割には満足な写真が撮れなかったなぁ、と。まぁ、季節的にも中途半端で一体何を見せたいのかテーマのわからない写真になってしまいました。

いつの日になるかわからないですが、もう一度挑戦したいところです。

 

PENTAX 超広角ズームレンズ HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR 21280

PENTAX 超広角ズームレンズ HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR 21280

 

 

 

 

台風一過のマジックアワーは絶好のシャッターチャンス!

写真家ならば台風一過のマジックアワーの空は絶好のシャッターチャンスってのは常識だと思う。もう大抵の人は午後辺りからうずうずするんじゃないだろうか。羽田空港に行こうかゲートブリッジに行こうか、と。笑 でも、テレビからの情報では都内の幹線道路はどこも劇混みらしい。なのでそんなに暇でない僕は自宅のベランダからマジックアワーを待つ事にした。以前に何度もアップしている構図だけど、自分のRAW現像がどのぐらい進歩しているかを計る為にもちょうどいいんじゃないだろうか。

って事で、こんな感じ。

Sept09#001r

RAW現像初心者レベルだと、夕焼けなんかめっちゃ真っ赤にしちゃってなんだこりゃ、ってな写真になりがちですが、僕はどうやらそのレベルからは卒業できたらしい。笑 本当に作品にするんであれば、tiffに落としてPhotoshopで時間をかけてレタッチなんてプロセスになるんだろうけど、今回は取り敢えず簡易RAW現像です。

Sept09#002r

レンズは大三元DFA 15-30mmf2.8を使ってますが、このレンズはフィルターが使えないのが難点のど飴でした。しかし、いろいろ調べてみると、どうやら使えるキットがあるらしいので来月の撮影旅行を目指して購入しようかなぁ、と考えたりしています。まぁ、結構高い製品なのでそこまで必要かなぁと現在熟慮中ですが、、、。

S5 PRO CPLキット Tamron 15-30mm f/2.8

S5 PRO CPLキット Tamron 15-30mm f/2.8

 

 キット自体はタムロン用なんですが、ペンタのこのレンズはタムロンOEMですもんね。なので使える筈です。って事で来月の消費税アップの前に購入できるかどうか、乞うご期待! ってところです。笑

 

では、来月まで、乞うご期待!

 

 

 

 

 

北八ヶ岳白駒池周辺を45年ぶりに散策してきた

またまた久しぶりの投稿です。

松原湖の近くに従兄弟の別荘があるのでかねてから訪れようと思っていたのですが、今回写真撮影を目的に利用させて頂く事にしました。とは言っても前日ぐらいまでは超忙しく旅の準備もないまま出掛ける羽目に。一応高ボッチ高原とかまで足を延ばせれば星空撮影もできるかなぁぐらいののんびりした気持ちで出掛けてしまったのです。

朝3時起きで出発は4時過ぎになってしまいましたが、山小屋に着いたのは7時過ぎ。この山小屋の住人になっている従兄弟のぼんぼんが眠そうな顔で迎えてくれました。とは言っても彼は今日仕事なので僕の相手はしてくれません。さ〜てどこに行くかなぁといろいろ相談してこの辺の地図を見せて貰うと何と北八ヶ岳が近いじゃないっすか。僕は中学高校生の頃イッパシの登山家でロッククライミングもする程でちょうど高校2年の10月1日の都民の日(都立高校はお休み)を利用して北八ヶ岳縦走を敢行したのでした。そしてこの白駒池から登って黒百合ヒュッテまではとても美しかったと言う記憶が今でも残っています。特に黒百合ヒュッテに泊まった夜の天の川の美しさはこの62年間生きてきた中でも最も美しい星空として記憶に残っています。ならば白駒池から黒百合ヒュッテまで散歩してこようと軽い気持ちで行ってしまったのですが、、。

July30#017

最近は苔の森と言われるこの辺はとにかく緑が美しいです。セイタカスギゴケですね。

July30#018

セイタカスギゴケをアップしてみましょう。光と緑が絡み合ってとてもフォトジェニックな絵がたくさん撮れます。

July30#001

最近は、登山道もちゃんと整備されてこんなボードが敷かれてチョロいチョロいと最初は思っていたんですが、、。

July30#002老人達もたくさん歩いています。今の老人、みんな元気です。お金いっぱい持ってるんでしょうね〜。笑

July30#003

高校生の頃は、池なんて甘っちょろいモンは見てられるかと素通りしていたのですが、こんなに美しい湖なのですね、白駒池。

July30#004相変わらずボケっと撮ってるのか、フレームとか全然考えてませんね。July30#005この辺はRAW現像の仕上げ次第でどうにでもなりますが、上はまだまだ甘いです。

July30#006

こういう湖の構図は樹木でフレームを作るもんだってわかってるんですが、なかなか良いポジションが見つかりません。

July30#007う〜ん、RAW現像がまだまだ甘いかなぁ〜?

July30#008

PLフィルターを車には積んできたのですが、アホな事に持って来るのを忘れました。それに森を散策するんであれば、マクロレンズは必須の筈なのに今回の旅行には持ってきませんでした。

July30#010

あ〜、PLフィルターがあったらどんな湖面に写っていた事でしょう。上は一応自分的には今日イチの画像なんですが、もっと被写界深度を深くして向こうの森を最大限にアップしてもピントがピタリと合ってる画像にしたいです。次回は三脚も持って来ようっと。しかし、ISO1600って理解不能! 笑  なんでこうなったんだろう?

July30#009

 それにしてもPentax大三元レンズは美しく撮れますなぁ。あとは自分の腕次第なんだよなぁ。

July30#011

ようやくの事で高見石まで着いたのですが、思いの外険しい道のりでした。高校生の頃は何でもなかったのですが、この歳になると心臓バクバク血圧も150以上達していたような気がします。でも高見石小屋には小学生達もいっぱいいます。ですが僕はまだ先の黒百合ヒュッテを目指しています。まだまだ頑張らなければと、森の奥へと入って行きました。

blog.hisway306.jp

自宅に帰ってから、そういえば酔人日月抄さんのブログに白駒池の事が書いてあったなぁと思い出して読んでみたら、なんと高見石には展望台があるとの事。しかもそこがこのコースの絶景ポイントじゃないっすか。あとの祭り、、、。笑

July30#012

登山道は更に厳しく大きな岩がゴロゴロでそれを乗り越えて行かなければいけません。階段で言うと3段飛びを永遠に登って行く感じ。

July30#013

1時間ぐらい登ったあと、通り過ぎる登山者に中山まであとどのぐらいですか?と聞くと「展望台から下ってきたんだけど、俺たちで55分だよ」とのお答え。ってことは登りなら1時間半ぐらいで着くかなぁとタカをくくって再び登り始めたのですが、いくら登ってもどんどん険しくなるばかり。高校生の頃はこんな道を30kgぐらい背負って平気に歩いてたんだなぁと、それから45年後の今はこんなになっちゃうのかと、なんか写真撮影の軽い散策のつもりが下り坂の人生を認識する精神的にも厳しい散策となりました。

July30#014

疲れて見上げる空。それでも諦めずに登り始める、俺の人生、まだ終わっちゃいないぞ〜、と。。

July30#015

見上げる空。。。。。。。July30#016見上げる空。。。。。。。。

 で、行き交う登山者から、「今日はお泊まりですか?」と声を掛けられハッと気付きました。これ黒百合ヒュッテまで行ったら帰って来れね〜じゃん。笑

で、下山を始めるといろいろ思い出しました。登山って登りよりも下山の方が危ないと。そして案の定、途中で膝から腰にかけて鋭い痛みが走りました。やべぇ〜、歩けない。

その後、やっとの思いで白駒池の駐車場まで辿り着いたのですが、脚の痛みは半端じゃありません。

ってな事で、本来は二、三泊して帰るつもりだったんですが、急遽帰宅。明日お医者さんに行く事にしました。いや〜、本当にジジイになったもんです。

秋になったら再訪して高見石の展望台から天の川を狙って星空撮影したいと思います。

乞うご期待!!!

HD PENTAX-D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AWが我が家にやってきた。笑

先日の羽田空港の撮影で結構ストレスを感じたので清水の舞台からダイブするつもりで買ってしまいました。

HD PENTAX-D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW

 

f:id:bignick:20190624193140j:plain

HD PENTAX-D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW

デカ過ぎてレンズにピントが合いません。笑

これで次回の羽田空港撮影ではダイナミックな写真が撮れると思います。

乞うご期待!!!