ボッーと撮ってんじゃね〜よ!Pentax K-1カメラ初心者奮闘記

還暦オヤジがPentax K-1を買ってしまった。そこから始まる苦闘の日々を綴るブログです。

ボケっ〜としてたらメリー・クリスマス 2018!!!

1ヶ月ぶりのご無沙汰です。

62歳にもなって仕事で怒涛の忙しさって何よ! ってな感じです。笑

 そして今年も独り静かなクリスマスを迎えています。まぁ、何事もなく平静に時が過ぎて行くのが一番ですよね。ってなボッ〜とした事言ってると、平静じゃなくて平成が間もなく終わろうとしているじゃないっすか。あっという間の30年間、そして僕にとっては怒涛の30年間でしたが、いつも怒涛の谷間にいる人間なのであまり何とも思わなくなりました。それにしても小田和正の「クリスマスの約束」が放映されないクリスマスも寂しいもんです。(なんか支離滅裂な文章。笑)

 ってな「枕」はこれぐらいにして、せっかくのクリスマスなので例年のごとくTake6のクリスマスソングを聴きながら、クリスマスケーキでもと思い近くのケーキ屋さんで一人分のケーキを買って来ました。

 そして、たまにはカメラでも触ってあげないとと1ヶ月ぶりに撮ろうとしたのですが、3つあるバッテリー全てが枯渇してました。笑 へぇ〜、バッテリーって放って置くと1ヶ月で干上がっちゃうもんなのですね。え? そんなの常識?

で、何かを撮ろうか思っても取り敢えず目の前の物しか撮るものはないので、買ってきたクリスマスケーキを撮ってみる事にしました。それも手持ちのレンズの望遠と広角以外のレンズ、オンパレードで比較してみる事にしました。というのは、HD PENTAX-D FA★ 50mmF1.4 SDM AWとかそろそろ買おうかなぁと思っていたのですが、そんなに撮影機会のない僕のことだし、50mmという画角を敢えて揃える必要あるのかなぁと思っているのです。どうなんでしょかね?

ってことで、ボケっ〜とボケ具合の比較撮影です。

IMGP2018Dec25#001

上は、大三元レンズの一角であるDFA 24-70mm F2.8ED SDM WRです。今回4種類のレンズで試してみてますが、RAW現像にあたり露出等のLrのスライダーは殆ど同じ位置にしています。にも関わらず、流石の大三元レンズ、明るいですね。

IMGP2018Dec25#002

上は、ペンタックスのカメラを持っているなら絶対の必需品であるFA 31mm F1.8 AL Limitedです。ピントが合った対象物を明確に照らしてくれるところはさすがのレンズで、メリハリが効いてます。

IMGP2018Dec25#003

上は、D FA Macro 100mm F2.8 WRです。このレンズもペンタキシアンなら必需品のレンズですよね。しかも値段が極めて安い。中古なら2万円台で買えちゃうレンズで極めてコスパの良いレンズです。

IMGP2018Dec25#004

そしてこちらは、FA 77mm F1.8 AL Limited。こちらも必需品なのですが、使い方の難しいレンズです。でも、このボケ具合がたまらなく良いのです。切れ味の良いレンズです。

ってことで、4種類を比較してみると、僕ぐらいの技術ならどのレンズを使ってもそんなに変わらないですね。なので、焦って今 HD PENTAX-D FA★ 50mmF1.4 SDM AWを買う必要はなさそうです。DFA 24-70mm F2.8で画角はカバーできているし、HD PENTAX-D FA★ 50mmF1.4 SDM AWはピントが合わせずらいらしいとの事なので、余計僕には向いてなさそうです。

なので、来年はレンズを買うより暇を見つけて撮影旅行にでも行くことを目標にしたいです。

 

では、来年もお楽しみに!   良いお年を!!!

 

PENTAX ズームレンズ HD PENTAX-D FA24-70mm F2.8ED SDM WR 21310

PENTAX ズームレンズ HD PENTAX-D FA24-70mm F2.8ED SDM WR 21310

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「水引折方講師 中村瑠水子 作品展」

今日は僕の筋トレ友達であった中村瑠水子さんの個展「水引折方講師 中村瑠水子 作品展」にお邪魔してきました。

事前に「写真撮りに行っていいですかぁ〜?」とFacebookで尋ねたら「喜んで!」とのご返事を頂いたので厚かましく伺う事にしました。笑

大勢のお客さんが訪れるであろう画廊で迷惑にならないように如何にして写真を撮るか、事前にいろいろシミュレーションしてソフトボックスとかアンブレラとか必要かなぁとか、いやいや瑠水子さんのポートレートをメインに撮る訳じゃないからそこまでは必要ないよなぁ〜、とか喧々諤々、熟慮する事5分55秒! やっぱりシンプルに現場の光で撮ろうという事にしました。

まずは、個展の主催者、中村瑠水子さん。

IMGP2018Nov17#003

はい、ちょっと緊張気味です。いやいや、瑠水ちゃんじゃなくて僕が。ポートレートの基本である瞳にピントを合わせることを忘れています。

何しろポートレート写真なんて撮った事ないし、着物の佇まいといい所作といいピチっと引き締まったお方なので、僕みたいな軟弱な爺さんがこんなポーズとって!みたいな注文をだす訳にいきません。なのでどうしてもお見合い写真みたいになってしまいます。

ならば隙を狙って表情の緩んだ瞬間を狙うしかありません。笑

IMGP2018Nov17#002

横顔も素敵な彼女ですが、髪のかんざし(?)もご自身の作品です。やっぱりアンブレラ使って彼女のお顔にもっと光を当てたいところ。

(因みに、画像をクリックするとFlickrのサイトに移動して大きな画像で見られます。)

IMGP2018Nov17#020

普段から筋トレで鍛えている彼女なので着物での立ち居姿も完璧です。

で、肝心の瑠水子さんのキャリアですが、ボードを拝見するとこんな感じです。

IMGP2018Nov17#015

水引というと僕が知っている限りでは、ご祝儀袋にかけられた帯紐の事ですね。彼女はその帯紐を使ってアート作品を創作されている方です。

IMGP2018Nov17#013

僕らが普段見慣れているご祝儀袋と言えども、彼女の手にかかればもはや芸術作品。

IMGP2018Nov17#019

個展会場はこんな感じです。

IMGP2018Nov17#014

では、ざっと作品を見ていきましょう。

IMGP2018Nov17#018

IMGP2018Nov17#004

IMGP2018Nov17#005

IMGP2018Nov17#008

IMGP2018Nov17#009

そう言えば、水引っていうのは、西洋のラッピングなんかと違ってもっと精神的に深いとの事です。歴史的には室町時代からの伝統があるとか。茶道や華道と同じなのですね。

IMGP2018Nov17#010

 

IMGP2018Nov17#011

IMGP2018Nov17#007

それにしても、レンズをFA Limitedにするとよりアートな画像になるような気がします。IMGP2018Nov17#017

クリスマスリースなんかもお手の物。

IMGP2018Nov17#012で、レンズをマクロレンズにしてもう少し寄って撮ってみましょう。

来年の干支なのでしょうか? イノシシです。

IMGP2018Nov17#022

それにしてもやはりマクロレンズ被写界深度が5mm違っただけでボケてしまうのが難点のど飴。なんか露出設定が甘くみんな開放で撮ってます。

IMGP2018Nov17#023

こちらは鏡餅

IMGP2018Nov17#024

IMGP2018Nov17#025

お正月の振袖の袂からこんな金嚢がでてきたらなんと素敵な事でしょう。

IMGP2018Nov17#026

こちらは結納セットでしょうか?IMGP2018Nov17#027

もっとマクロに撮ってみると、これが紙紐でできているとは思えませんねぇ。

IMGP2018Nov17#028

今回、「ボッ〜と撮ってんじゃねぇ〜よ!」って言われないように事前にいろいろシミュレーションして行ったのですが、やはりお客さんのたくさんいる現場ではなかなか集中して撮る事が難しく、案の定ピントも満足に合っていない画像が結構ありました。露出設定なんかももう少し工夫してもいいんじゃね?とか後になって思うのですが、やはり現場では集中力が欠如していました。

やっぱり写真は難しいですね。せっかくの作品を僕の写真でどのぐらい表現できているかどうか、少し申し訳ない気持ちのままブログをアップしております。はい。

カメラ初心者の大敵「バンディング」の原因がわかった!

 

僕がカメラを初めて以来ずっと悩んできた画像のシマシマ。これ、バンディング(banding)という事を教えて頂いたのですが、原因がようやくわかりました!ペンタックスのアマチュア写真家業界(笑)にはプロクラスの腕前の方々、例えば「粋人日月抄」のHiさんとか「ペンタックスのカメラ酔夢譚」の黒野氏とかたくさんいらっしゃるのですが、僕とはカメラ機材が殆ど変わりません。なのに出来上がりの画像がなんでこんなに違うのか、ずっと悩んでいたのです。その原因を今回Hiさんに教えて頂きました。

Hiさん:拝見しましたが… 確かにシマシマ(バンディング Banding)が発生していますね。RAW撮影でしょうか? だとしたら色調整の偏りすぎ、やりすぎなどで、JPEGで表現しきれなくなってるのだろうと思います。JPEGは色情報を間引きする上に、8bit階調でしか表現できないですから。 JPEGへ書き出す際の品質パラメータを高くすれば回避できるかもしれません。むりなら現像を根本的にやりなおすしかないかも。

JPEGの品質は書き出しの設定の中にスライダーがあると思います。85以上がおすすめです。もちろんファイルサイズは大きくなります。

↓このページの「4.書き出しオプションを指定します。」にあるような画面が見つかりませんか? Image FormatにJPEGを選ぶと必ずQualityの設定があるはずです。

と言う事で、「書き出し」の方法を教えて頂きました。

helpx.adobe.com

う〜、なんとも情けない。やっぱり自分はまだまだ初心者なんだなぁ〜と。って言うか、僕は35年ぐらい前からコンピューター業界にいてスティーブ・ジョブスなんかともリアルタイムで戦ってきた男なのでパソコン操作なんて僕の頭の中に自然に蓄積されていて、いわゆる感覚的操作ってヤツで適当にやってればなんとかなると。笑 MicorsoftのExcleやWordやパワポだって隣に座っている派遣のお姉ちゃんに聞きながらやれば、マクロを使おうがVBAを使おうがなんとか完成形にまでは出来たのです。それがこのAdobe系のソフトはこの感覚的操作と言うのが全く使えない。(いや、Lightroomはむしろ感覚的操作でなんとかなると思ってましたが、、。)いわゆるマニュアルの解説本とやらを買っても時間だけかかって効果はあまり現れない事がしばしば。やっぱり理系頭の方々とは頭の構造が違うのかなぁ〜と。とまぁ、ボヤキはこのぐらいにして、今日やっと落ち着いて現像をやり直せたので比較してみてみましょう。

因みに、「粋人日月抄」さんのブログの中にもバンディングに言及されている部分があります。

blog.hisway306.jp

Before)

20181102-_IMG6010

After)

img6010Rev1

現像の設定自体を変えてしまったので違う感じの画像になってしまいましたが、写真をクリックして頂くとFlickrのサイトで大きな画像で見れますので違いがわかるかと思います。う〜、まだまだシマシマっぽいかな?

Before)

20181102-_IMG6014-3

After)

img6014Rev1

クロップしてない画像ですが、画質の違いはわかると思います。うん、以前の方がいい? 笑

Before)

20181102-_IMG6020

After)

img6020Rev1

 うん? そんなに違いはない?

Before)

20181102-_IMG6023

After)

img6023Rev1

上の画像はかなり違いがわかりますね。

Before)

20181102-_IMG6032

After)

img6032Rev1

お〜、結構違ってきた! 笑

Before)

20181102-_IMG6061-2

 After)

img6061-2Rev1

上はホワイトバランスをかなり変えてみましたね。

 Before)

20181102-_IMG6166

After)

img6066Rev1

と言うことで、今までの悩みが解消し、少しまともな画像がアップできるようになりました。これで書道の5級ぐらいだった僕の腕前も初段ぐらいにアップしたでしょうか?img6077Rev1

いやいや、自画自賛ならぬ「爺いが自賛」をしていると、またチコちゃんに「マヌケに生きてんじゃね〜よ!」って怒られそうです。笑

それにしても、Adobeさんは、なんでこんな重要な設定をデフォルトで最高の品質に設定しておいてくれないんでしょうね。これってiTunesでCDの録音をダウンロードする時に音質を劣化させているのに似ています。

ってことで、ボッ〜と撮ってるといくら良いカメラで撮っててもロクな画像にならない原因の一つでした。

 

 

若洲海浜公園のゲートブリッジに行って来ました。

今日はとても天気の良い金曜日、久しぶりのお休みだったのでカメラを持って出掛ける事にしました。NDフィルターとかを買ったにも拘らず一度も使ってないので水飛沫の激しい岩場の海岸がいいなぁと思いながら、なかなか行き先が決まりらず午後3時を過ぎてしまいました。う〜ん、今日もNDフィルターの出番はなさそうです。

 車にカメラ機材を積み込んでもなかなか行き先が決まらず、取り敢えず出発してみました。とにかく天気はぴーかんに良いので夜になったら星空も撮りたいし夜景の綺麗なところにしようと向かった先は羽田方面。第三京浜に乗って環八を通って羽田に向かうと、そうだゲートブリッジに前回行ったのは朝方で夕焼けのGBは撮った事なかったんだと思いだし行き先をGBに決めました。2回目のGBなので2GBです。笑

 羽田を過ぎて357号線に入ると渋滞に嵌り身動き取れず、日没には間に合いませんでした。すでに日没後の夕焼けのゲートブリッジ。

20181102-_IMG6010

最初は結構いい感じじゃんとか思っていたのです。

20181102-_IMG6014-3

しか〜し、Lightroomで現像している時には画像にシマシマ模様は映らなかったのに「書き出し」をするとやたらとシマシマになってしまいます。 すっごくNoisyで気持ち悪いっす。

20181102-_IMG6020

う〜ん、やっぱりノイズがいっぱい。これは現像のテクニックが下手なのかな?

20181102-_IMG6023

構図とか一応考えながらクロップしてはみたものの、ノイズが出て写真としてはダメダメです。

20181102-_IMG6032

飛行機の光跡とか船の光跡とかせっかく綺麗に入ったのにやっぱりノイズが多くてダメダメ写真です。

20181102-_IMG6061-2

構図で誤魔化してもホワイトバランスで誤魔化してもどうにもならず。

20181102-_IMG6166

ダメポ!!!20181102-_IMG6177

う〜、涙!!!

20181102-_IMG6186

実は40分掛けてインターバル合成とかも試してみてカッコ良く撮れたつもりでいたんですが、いざ現像してみようとすると「読み込み」できませんでした。

インターバル合成の画像の読み込みってどうするんだろう? と新たな課題が、、、。笑

 撮影自体は結構満足して帰って来たんですが、今日も現像で失敗したって感じです。

ガックシです。

ボッ〜と撮ってきたつもりはないんだけど、またまたチコちゃんに叱られそうな撮影で終わりました。

後記)懸案のシマシマ模様は、バンディング(banding)ですね、と教えて頂きました。色調整のやり過ぎってことです。Jpegは色情報を間引きする上に、8bit階調でしか表現できないからだそうです。即ち、僕の色彩感覚がJpegを上回る結果だと前向きに考えました。笑 何れにしても、RAW現像をもうちょっと勉強しないとダメポです。

shuffle.genkosha.com

coliss.com

20181102-_IMG6180

大洗磯前神社の「神磯の鳥居」を撮りに行ってきたよ!

ペンタックスのアマチュア写真家業界では神!と崇められる「酔人日月抄」のブログ主であるHiさんの記事に刺激されて大洗の磯前神社に行ってきました。

僕が参考にさせて頂く写真ブログにはそれなりの敬意があるので自然に内容が似てしまうのですが、たまに他のブロガーの方から「他人のブログの内容を真似すんなよ!」とか怒られる事もあるのでHiさんには事前にお断りさせて頂きました。僕みたいな初心者がどこまでセミプロ級のHiさんに近づけられるのかわかりませんが、比較して見て頂けると面白いかと思います。

blog.hisway306.jp

天気の良い日を狙って大洗に行こうと思っていたのですが、この2ヶ月間ついに一度もその日は訪れず悶々とした日々を送っていたら、もう10月も半ばを過ぎてしまいました。幸い今週は月曜から金曜まで休みが取れたのでなんとかタイミングを狙って行こうと思っていたらあまり芳しい天気予報ではなかったので半ば諦めていたのです。しか〜し、今朝大洗の予報を確認するとなんと夕方から晴れると予報が変わってるじゃないっすか! 早速俄仕立てで駆けつける事にしました。

川崎インターから東名高速に乗って2時間! 昔はゴルフで石岡ゴルフ倶楽部とか太平洋クラブ美野里コースとか度々行っていたのでそんなに遠くには感じなかったんですが、やはり歳のせいでしょうか? 妙に遠く感じました。片道150kmはあるので遠く感じて当然かもしれませんが。

また、前置きが長くなってしまいましたが、早速写真を見て頂きましょう。

20181017-_IMG5971

陸側にある磯前神社の鳥居はこんな感じです。かなり立派です。

この参道の延長線上の海側に「神磯の鳥居」があると思ったのですが、実際にはちょっとズレていました。ちょうどいい岩場がなかったんでしょうかね?

20181017-_IMG5882

天気は晴れるとの予報だったのですが、現地に着いてみると風が強く空は曇り空。三脚にカメラをセットしても風で揺れて露光時間を長くするとピントがズレてしまいます。やっぱり三脚もいい奴買わないとダメかなぁ〜? 笑

それにしても真っ暗な中でどうやってピントを合わせるんだろ? と自問自答するも妙案が思い付かず悪戦苦闘。

ネット経由で問い合わせるとライヴビューの拡大表示を使ってMFで!との神の啓示! 笑 後日リコーイメージングのサイトで確認するとちゃんとギミック(笑)が書いてありました。

www.ricoh-imaging.co.jp

これは使えるテクニックですね。って言うか、基本でしょう。笑

20181017-_IMG5904

ピントに注意しながら、ISOを露出の設定を色々変更しながら撮っていきます。あくまでも基本に忠実に!20181017-_IMG5955

ISOをどこまであげると画質が荒っぽくなるか? とか初心者ながらも色々試しながら撮っていきますが、ライヴビュー画面ではなかなか判別できません。何しろ真っ暗な中ですから。

20181017-_IMG5915

むむむ?

自宅に帰ってLightroomで現像してみると星が写ってるじゃないっすか? ならばHiさんの画像に真似てホワイトバランスを青っぽくしてみましょう。笑

20181017-_IMG5900

おっ、イメージに近ずいてきた? 笑20181017-_IMG5903

逆光の月を上手く撮りたいんだけど、僕のテクニックでは無理だな。笑

20181017-_IMG5927

20181017-_IMG5930

20181017-_IMG5969

で、Hiさんの画像と比較してみると、やはり解像力が全然違うんですね。カメラはK-1、レンズも同じなのですが、なんでこんなに解像度が違うんでしょう。ピントがまだまだ甘いんでしょうか? それとも僕の現像が下手なんでしょうか? いやいや現像の前の段階ですね。

天気が違うから? いやいやそういう問題でもなさそうです。

結局、今日も1万円の交通費とガソリン代かけて課題も解決しないままボケっと撮って終わりました。 なにやってるんでしょうかねぇ〜。

それにしてもNDフィルターまで買って用意しておいたのですが、こんなに暗いところでNDフィルター使える訳ないね。笑

img5912

 三脚を置く場所は、こんなところです。

 

 

PENTAX ズームレンズ HD PENTAX-D FA24-70mm F2.8ED SDM WR 21310

PENTAX ズームレンズ HD PENTAX-D FA24-70mm F2.8ED SDM WR 21310

 

 

 

PENTAX 超広角ズームレンズ HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR 21280

PENTAX 超広角ズームレンズ HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR 21280

 

 

 


渋谷ストリームとやらに10分だけ行ってきたよ。

20180917-_IMG5855

渋谷に野暮用があったので最近評判の渋谷ストリームに10分ほどだけ行って写真を撮ってきました。

20180917-_IMG5858

本当は夜景を撮りたかったんだけど、時間がなくて三脚も使わずさらっと撮ってきた次第です。

20180917-_IMG5860

なので、ほんとサラッと撮ってきただけなんでブログ化するまでもないんですが、最近ネット環境にいろいろ問題があってブログアップに間ができちゃったんで一応生存証明のつもりでアップしています。

 

20180917-_IMG5861

なんかISOをもっと上げてシャッタースピード速くして撮ればよかったんですが、こんな画像も面白いかなぁと思ったりして。。。笑

 

ボッーと撮ってんじゃねーよ!  って相変わらずの初心者画像でした。

 

 

陶芸家・沼野秀章氏の作品の「物撮り」における被写界深度の考察

なんか大袈裟な題名つけましたねぇ〜。笑
って言うか、またそこかい? また「露出」の話かい? 

はい、なんてたって初心者のカメラ爺さんにとっては、「露出」をマスターする事こそ最難関の課題で決して疎かにしてはいけないステージなんですね。

先日紹介した鈴木心さんの著書「写真がうまくなっちゃう7のこと」にもフレーミングと同様露出をしっかり意識する事が肝だと書かれています。 

鈴木心の撮影ノート

鈴木心の撮影ノート

 

 (あっ、この本じゃねぇ〜や。笑)

ボケている写真はボケている人が、ブレている写真はブレている人が撮ります。写真の基礎を習得したい場合は、三脚にパンフォーカスでしっかりフレーミングと露出をとって逃げ道のない写真の撮り方で修行することをお薦めいたします。鈴木心「写真がうまくなっちゃう7のこと」 

 なんで再びここに帰ったかと言うと、昨日の陶芸作品をとった画像にイマイチ満足できなかったからです。まぁ、店主の寛さんと話しながらの撮影でしたので集中力に欠けていたのは事実なんですが、自宅に帰ってLightroomでRAW現像してみると、愕然としてしまいました。(まぁ、いつものごとく現場で液晶モニターで確認してないと言うミスなんですが。)

まず、昨日掲載した画像とボツになった画像を見てみましょう。

_IMG5819

 上が掲載した写真なので一応クロップしてフレーミングもしています。下のボツ画像とはホワイトバランスが違うので印象の違う写真に出来上がってますが、僕的に言うと両方ともボツだったんです。ブライアン・ピーターソン的に言うと「特定の被写体を引き立てる」構図と言う事でワイングラス全体にピントを合わせ、背景をボヤかさせると言うのが狙いでした。

_IMG5820金さん銀さん

しかし、どうでしょう? 二つともグラスの前の部分にピントが合っているのは良いとして、グラス内側の金と銀はボケてしまっています。このグラスの良さはこの金銀の美しさにあるので、本来ならグラス全体にピントが合っていなければなりません。なので、被写界深度をあと5〜6cm深くするように露出を調整しなければなりません。要は、f値を大きくする訳ですが、そうすると当然SSは遅くなります。そうするとどうなるか? 手振れで更に全体がボケるって事です。なので、「物撮り」でちゃんと撮影する場合は、やはり三脚使えよ、って事なんだと思います。

_IMG5823

こちらの掲載の四角皿もそうなんですが、辛うじてお皿全体(微妙ですが)にピントが合ってます。しかし、ボツになったこちらの画像はどうでしょう。

_IMG5821四角皿#1

上の画像は、手前のお皿全体にピントが合ってなくお皿の向こう角だけにピントが合っちゃってます。構図として気に入ってたんですが、これでは使えません。

要するに「特定の被写体を引き立てる」構図であっても、f値は使用レンズの最大開放値にすれば良いってもんじゃなく、現場でミリ単位で調整していくもんじゃね? って事を肝に銘じなくてはいけないと言う事でしょうか。

昨日掲載していないその他のボツ画像はこんな感じでした。

_IMG5817カップ#1

上の画像はあと3cmぐらい深度が欲しいです。

_IMG5826カップ#2

こちらは、あと2cmでしょうか?

って事で、今回も「ボケっと撮ってんじゃねぇ〜よ!」ってチコちゃんに叱られてしまいそうな撮影でした。

ところで、先ほど紹介したブライアン・ピーターソンの「プロの撮り方」シリーズ。僕もようやく「実践の露出」に入りました、って事をご報告しておきます。笑

このシリーズは、一眼でそれなりの写真を撮りたいと思う方には、必読書です。

 

  

PENTAX ズームレンズ HD PENTAX-D FA24-70mm F2.8ED SDM WR 21310

PENTAX ズームレンズ HD PENTAX-D FA24-70mm F2.8ED SDM WR 21310